自由が丘整形外科リウマチ科

PFC-FD治療とは

「PFC-FD治療」は、Platelet-Derived Factor Concentrate Freeze Dry の略称です。
日本語にすると「PRP(多血小板血漿)を活性化、無細胞化し、濃縮したものをさらにフリーズドライ化したもの」という意味になります。

組織修復を促し炎症を抑える効果があります。
注射により、体内(関節等)に戻すことで自己修復力を活性化させます。
ご自身の血小板に含まれる成長因子を活用するバイオセラピーですので、拒絶反応や副作用が少ないのが利点となります。

対象疾患

  1. 変形性関節症(膝等)
  2. 腱炎(肘、膝、アキレス腱、その他腱鞘炎)
  3. 外傷(靱帯損傷、筋損傷) など

こんな方におすすめです

  1. 長年注射をしているが、手術はしたくない
  2. 腱や筋肉の痛み、炎症が続いている
  3. 何をしても改善しないので、治療を試してみたい

*再生医療は効果が実証されていますが、個人差があるためどの程度効果があるかは実施してみないとわかりません。

自由診療になります

お支払い金額
20万円+消費税
*採血した血液で、精製前に感染症確認をします。その際、感染症が陽性だった方は治療が受けられません。
(検査手数料として2万円+消費税いただきますが、18万円はご返金致します)


前のページに戻る